これが最後の、就職活動。

就職活動。若かったあの頃はこの言葉を聞くのは今だけだと思って頑張ってきました。しかし年をとった今、僕はまた就職活動をしています。あの頃の自分に言ってあげたい。「企業探しをする前に、本当の自分を探しなさい。」

就職活動中の男性

就職活動は自己責任の世界

いい会社に入ることができるのも、逆にブラック企業とよばれる会社に入ってしまうのも自己責任となっています。就職活動というのは、求職者も仕事を選ぶことができるわけですから、自ら選んだ結果を誰かのせいにするということはできません。学歴が無いから、資格を持っていないからいい会社には入れないというのはあくまでも本人の問題であり、学歴がなくても一流企業に入ることができる人はいないわけではありませんし、資格に関しては本人の努力次第でいくらでも取ることができるものですから、学歴がない資格が無いというのは言い訳にはならないのです。就職をしてから面接の時に受けた説明と全く違い仕事や条件で働かされることになったという場合には、会社側が悪いように思えますが、酷な言い方をすればそれすらも自己責任となるのです。特に今の時代は簡単に企業の情報を調べることができますから、ちょっと調べればわかるようなことを調べずに入社してからイメージと異なっていたと言っても遅すぎるのです。就職活動は会社側ばかりが選ぶ立場にあるように思われますが、会社側にできることは求人を出して募集をしてその中から人を選ばなければなりません。しかし、求職者側というのは無数にある求人から好きなものを選ぶことができるわけですから、自らの意思で入りたい会社を選ぶことができます。そのため、どのような結果になっても選んだのは本人ですから自己責任ということになるのです。誰のせいにすることもできないものだからこそ、就職活動をするときにはしっかりと情報を集めてできるだけ条件にあった、納得して働くことができる仕事を選ぶようにしましょう。繰り返しますが、仕事を選ぶのは会社ではなく求職者側なのです。

長く続く会社に就職したければ自分を知ることが大事

せっかく就職を行っても、長続きしなければ意味がありません。直ぐに退職に至ってしまった場合では、無駄な時間を費やしてしまうことになり、経歴にも余計な項目が増えてしまうことになるので、失敗しない就職活動を行うことが何より大切です。ところが、人によっては長く続く会社に就職することに不安感を持っている場合も見られ、求人情報を確認した場合でも、将来的な部分を予測することができない方も存在しています。このような方であれば、自己分析を十分に行ってみて、どのようなタイプなのかを知ることが大事です。例えばコミュニケーション能力を持っていて、常に笑顔で人と接することができる方ならば、営業職や販売職などを推奨することができますが、営業職の場合では売り込みを行ったり、マネジメントを行う場面もあり、自己管理能力を持っている方が相応しい傾向にあります。販売職の場合では常に多くの方々からの視線を受けることになるので、そのプレッシャーに耐えることのできる方が相応しい傾向にあります。手先の器用な方で、比較的無口で大人しい性格の方ならば、就職先として工場などを選択することも良い方法です。物作りに特化している作業の場合では、能力を十分に発揮できる場合もあり、キャリアアップを行うことも不可能ではありません。自己を見つめ直して、計算や事務系の作業に向いていると判断される方もいます。一般事務などが職種になりますが、この仕事の場合では、比較的簡単に取り組みやすい環境にありますが、一方では仕事中に関しては移動することが少なく、同じ空間似て業務を遂行することになるので、一定の精神力を持っている方が相応しい傾向にあります。長く続く会社に就職するには、まずは、本人の適性を知ることが何よりです。

就職活動前に時間がある時は資格をとるべき

近年、就職難の時代と言われており、新卒で就職できなければなかなか中途で正社員として働くことが難しくなっています。とはいえ、中途の求人自体は存在していますし、実際にその求人に応募して働いている人も一定数いることは事実です。では、どのような人が就職できているのかと言えば、実績があったり長所があったりする人です。ある人は前の会社で作り上げた成績をアピールして採用され、ある人は自分がいかにその仕事に向いているのかをアピールして採用されます。この事実からわかることは、もし就職を本気でしたいと考えているのであれば、自分が魅力的な人材になる必要があります。すでに実績をお持ちの方であれば、それを上手にアピールしていけば、活動はうまくいきます。しかし、そうでないのであれば、自分の強みを持つようにする必要があるでしょう。そこで、その強みとなる存在であり、祖力次第で身につけられるものが資格です。資格は、一定の能力があることを証明するものです。試験に受からなければ取得することができませんので、持っているということはその素養があるということになるからです。その人の能力を最もわかりやすくあらわしており、採用する側も手っ取り早く判断が可能となっています。したがって、何のアピール要素も持ち合わせていないという方で就職活動前に時間がある方は、資格を取ることを考えてみると良いでしょう。ただし、資格であれば何でもよいという訳ではありません。その業種に生かせない資格を持っていたとしても、資格取得を頑張ったということぐらいにしか評価されません。そのため、就職をするためにとる資格は、その業種に役立つ資格にするようにしましょう。

▼人気職業であるWEBデザイナーに興味のある方はこちらをご覧ください
WEBデザイナーに転職!