就職活動。若かったあの頃はこの言葉を聞くのは今だけだと思って頑張ってきました。しかし年をとった今、僕はまた就職活動をしています。あの頃の自分に言ってあげたい。「企業探しをする前に、本当の自分を探しなさい。」

就職活動中の男性

就職と大変さとインテリジェンスについて

就職と大変さとインテリジェンスについて、現在の日本はとても不景気な社会と言われており、インテリジェンスな人でも、就職をすることがとても大変な時代であると言われています。

これは、インテリジェンスとされる例えば国立大学の卒業生や、有名な私立大学の卒業生ですら、就職にはとても大変な苦労をしており、少し前であれば考えられなかったほど、正社員として働ける人が少なくなっている事情もあります。

理系などの分野、例えば医学部などの場合や看護大学などの場合には、すぐに医師や看護師として働けるケースがあるため、医師などは特にインテリジェンスであっても、就職にはまったく困らない分野であるのですが、このような医学や薬学、または看護学以外の、例えば文学部などの卒業生などの場合には、インテリジェンスであっても、就職をすることがとても困難になっています。

これは、一部には、今まで決して倒産することのなかった編集分野の会社が、次々と倒産しており、出版関係は「冬の時代」と言われているほど、出版業界が不況になっていることもあり、文系のインテリジェンスについても、これに伴い、仕事がまったくない、正社員としての登用や採用、求人がほとんどない、このような状況となっています。

少し前までは、決して考えられない時代となっており、そのため、有名私立大学や一流国立大学などの卒業生でも、上記のような理由から、就職がとても大変であり、インテリジェンスであっても、正社員として長く勤務することが出来ないほど、就職は困難である、とされています。

このように、医学や薬学、看護学などの分野以外の就職は、文系など、とても大変であり、多くの卒業生が苦労しています。